ベビー用品などで赤ちゃんニコニコ|快適子育てNAVI

赤ん坊

購入して赤ちゃん快適

ベビー布団の購入方法は、インターネット注文や店頭などで買うことができます。購入する際は布団を活用する季節やサイズなどを確認してから買うと良いでしょう。セットになっている商品も一度にそろえることができるのでおすすめです。

詳細を確認する

乳児湿疹の違い

兄弟でも出方が異なる乳児湿疹。軽い子、ひどい子、それぞれにベストな対処方法を考えなくてはなりません。自分で何とかしようとせず、病気に出向くことも大事です。赤ちゃんの肌を守ってあげられるのは周りの大人です。

詳細を確認する

便利な水供給

スーパー等に行って水を購入するのは結構面倒になるので、ウォターサーバーを利用するのがおすすめです。これを利用すれば、購入するためにお店に行かなくて済みます。小さい子供がいる家庭には最高です。

詳細を確認する

便秘を改善する

ベビー布団は赤ちゃんのためにも品質がいいものを選びましょう!可愛いデザインのものがいっぱいですよ!

赤ちゃんの便秘状態とは

赤ちゃんの便通は乳児期のオムツをしている頃は、一日に何度も取り替えたりすることがあります。逆に何日も出ないこともありますが、数日であれば赤ちゃんの消化器官の未発達さから起きていることもあります。便秘状態が2日ほどで機嫌も良く他の症状が無い場合は経過を観察した方が良いでしょう。 しかし、赤ちゃんが便秘を長く続けてミルクや食事を受け付けないなど他の症状を伴う場合は小児科への受診がおすすめです。 赤ちゃんは消化器官も未発達な状態なので便通や消化のリズムがつかめず、便秘を起こすケースは多くあるのです。何度も続くようなら、何日たっても排泄が無ければ小児科へ行くなど小児科の先生と話し合いをしておくことも有益です。

解消のための取り組み方について

便秘解消の為の取り組みについて紹介します。 赤ちゃんの便秘が長引くようであれば、小児科への相談するようにしましょう。また月例によっての対応の違いがあります。 ミルクを中心に食生活を行っている場合は水分の摂取が重要で、白湯や砂糖水など水分補給をさせる方法も有効であるのです。 生後しばらくしてミルク以外の食物を与えている場合はサツマイモやオレンジなどの果汁を与えるなど、食物によるアプローチもしてみましょう。 どちらの月例の赤ちゃんでも行うことが可能なのがマッサージです。のの字を書くように優しくおなかをさするマッサージは広く知られています。また足を優しく曲げ伸ばしするマッサージも効果が期待できます。 産後は不安な部分を小児科や保健婦などに相談することがおすすめです。検診の際などにもアドバイスをうけるようにしましょう。お腹のマッサージの他にも、ベビー布団などで赤ちゃんの環境は快適にしてあげましょう。

↑ PAGE TOP